アロママッサージ個人旅行

ぶらぶらしながらマッサージを受けてる私のブログでござんす

1月
15

ボディマッサージをすると

お風呂で塩を使って入浴する方法が大流行しました。

これは、肌を美しくするだけではなく、汗をしっかりとかいて、ダイエットや美容に良いとされていました。

そして、塩入リンパマッサージというものが、注目されてきました。

自分の体を洗って、マッサージをする場合に使うと良い効果があるのが、塩入ボディソープです。

塩の効果を感じられますが、水分が体から出てむくみが減っていきます。

昔から親しまれているのは、アロエ塩です。

アロエの成分で、健康的な身体にしてくれます。

つぶ塩の適度な刺激が、マッサージ効果を高めてくれて、潤い成分であるアロエエキスと、天然植物パームオイルで、洗いあがりは、サッパリスベスベになります。

10月
22

リンパマッサージが流行した理由

最近では、リンパマッサージという言葉を聞けば、大体の人がどんなものかがわかると思います。

ここまで、注目されている理由は、リンパマッサージは、小顔効果など、数分でも効果が体感できる点だと思います。

よく、エステなどで、行われているのが顔の半分にマッサージをする方法。

マッサージをした後で、鏡を見てみると、明らかに目がパッチリしていたり、小顔になっているのが、わかります。

この即効性が、人気の理由の1つです。

10月
17

臭い消しにも

実はアロマオイルは良い香りがすると共に消臭効果を持っているため、トイレや靴箱、冷蔵庫の中などで使用するととても良い効果を得ていくことができます。

とくに重曹もブレンドして使用すれば、その分効果が絶大であるといわれています。

アロマオイルはこのようにただリラクゼーションに利用するだけではなくて、環境を整えるためにも十分に利用できるということを知っておいて欲しいと思います。

そしてもっと精油を上手く活用していくようにしてください。

10月
13

光感作用にはご注意を

レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のアロマオイルでアロママッサージをする場合には注意をしなければならないことがあります。

それが「光感作用」です。

光感作用のあるアロマオイルをお肌へ付けた状態で外出し日光に当たると、お肌が赤くなったり炎症を起こしたりして痒くなることがあります。

シミやシワなどの様々な肌トラブルの原因になってしまうので、これらのアロマオイルを使用してマッサージをする場合は、出来るだけ夜間に行うことをおすすめします。

10月
12

マッサージオイルの作り方

アロマオイルを使ってマッサージを行う場合、オイルを原液のまま使用することは必ず避けなければなりません。

いくら植物由来のオイルとは言え成分が凝縮されているので、直接お肌に付けてしまえばお肌の炎症やただれを引き起こしてしまいかねませんから。

そこで今回はアロママッサージの際に使用するマッサージオイルの作り方を簡単にご紹介したいと思います。

まず用意するものはキャリアオイルと呼ばれる植物油とお好みのアロマオイルです。

キャリアオイル10mlに対してアロマオイルを2滴という分量で混ぜていきましょう。

十分に混ざったと感じたら手にとって少し温めておきます。

そこからマッサージを行えば大丈夫です。

ぜひお試しくださいね。

10月
09

アロマオイルはローテーションで

前回、同じアロマオイルを使い続けていると効果が半減してしまうということをちょこっとお話しました。

その他にも、同じアロマオイルを使い続けていると、身体の同じ器官にだけ負荷が掛かってしまうため、体調を改善させるどころか悪化させてしまう恐れがあります。

そのため、自分の好きな香りのアロマオイルを最低でも3つ以上は購入し、ローテーションで使いまわすことをオススメしています。

もしくは、一度使用したら2~3日は間を空けて使用するようにしてもいいでしょう。

どちらにせよ、同じアロマオイルを1週間以上使うことがないように気を付けてくださいね。

10月
05

集中出来ないときには

仕事や勉強でどうにも集中出来ない場合におすすめのアロマオイルがあります。

それが『ローズマリー』です。

シソ科の植物でハーブの一種であるローズマリーには、全身の血行を促進させる作用があり、特に記憶を司る大脳辺縁系の海馬部分に効果的に作用することが科学的にも証明されています。

そのため、勉強部屋や仕事部屋に香りを漂わせておくのが効果的です。

ただ、同じアロマオイルを使い続けていると効果が半減してしまうので、使いすぎには注意してくださいね。

10月
03

好きな精油探しで

自分にぴったりのアロマオイルを探すために、さまざまなアロママッサージを受けていくというのもなかなかに良いことではないでしょうか。

アロママッサージを実際に受けて理解できるアロマオイルの素晴らしさというものもたしかに存在すると思いますから、積極的にお店を利用していくことがとても大切なのではないかと思います。

優れたお店でたくさんの癒しを受けていって、もっと効率的にお気に入りの精油探しをしていくといいでしょう。

10月
02

精油は即効

マッサージはそれを受けた直後にいきなり効果が発揮されたりはしません。

実際は数日後などに効果を実感できる場合が多いものです。

しかし、アロマオイルに至ってはこれを利用すると、その香りによって少なくとも心理面ではとても大きな効果を瞬時に受けていくことが可能です。

そしてそのために、とても忙しく、すぐにリラックスしないといけない人にも精油の利用はうってつけなのです。

極上のアロマテラピーとしてアロママッサージを思う存分楽しんでみましょう。

10月
01

妊娠中のマッサージ

妊娠初期には、マッサージをしない方が良いというのが基本なのですが、産婦人科医の意見を聞いて作られているマタニティマッサージとは、妊娠初期でも行うことができます。

妊娠期は血液の水分が増え、子宮が血管を圧迫しているので、むくみやすくなっています。

妊娠中に妊娠線が発生することも多くあります。

これは、お腹等の皮膚の伸びに皮下組織がついていけない場合に、亀裂を起こしてしまうので発生するのです。

予防には、マッサージを毎日行って、皮膚を柔軟にしましょう。