アロママッサージ個人旅行

ぶらぶらしながらマッサージを受けてる私のブログでござんす

10月
13

光感作用にはご注意を

レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のアロマオイルでアロママッサージをする場合には注意をしなければならないことがあります。

それが「光感作用」です。

光感作用のあるアロマオイルをお肌へ付けた状態で外出し日光に当たると、お肌が赤くなったり炎症を起こしたりして痒くなることがあります。

シミやシワなどの様々な肌トラブルの原因になってしまうので、これらのアロマオイルを使用してマッサージをする場合は、出来るだけ夜間に行うことをおすすめします。

Comments are closed.